視察③ タイ・バンコク

在住日本人が10万人とも言われるタイ・バンコクは食、ショッピング、レジャーと充実した人気の観光都市です。日系企業の駐在員やその家族、加えて地元に根付いている日本人と合わせて巨大な日本人コミュニティーを形成しています。バンコクに進出している日系企業は飲食店、美容室、学習塾、不動産、製造メーカー、IT関係、旅行代理店などほとんどの業種といっても良いほどです。

タイでのキーワードは今年の流行語にもノミネートされている「インバウンド」。外国人観光客を日本へ誘致する際によく使われる言葉ですが、2013年以降、タイ人が日本へ旅行する際のビザが免除されてからタイ人のインバウンド観光客は急増しています。雪見のために北海道を訪れたり、合掌造りの白川郷まで足を延ばすタイ人は珍しくありません。全国有名店のラーメンが食べられるフードテーマパーク「新横浜ラーメン博物館」も連日タイ人の来場があるそう。ディープな日本体験をして帰国するタイ人が増え、バンコクでは他の東南アジア諸国に比べ本物の日本に近いクオリティと選択肢が求められていることを感じます。

タイからのインバウンドで大きな流れの一つに「日本ロケ」も挙げられます。インバウンド観光客を誘致したい日本側と日本の現地ロケで今までにないドラマや映画を作りたいタイ側。どちらにとってもメリットがあるこの日本撮影ですが、すでに熊本を舞台にしたタイ日合同製作映画「アリエル王子と監視人」や北九州でロケが行われたタイのテレビドラマ「デビルラバー」などタイメディアで日本の街や風景の露出も増えています。ドラマで見た日本を目指して、ますますインバウンドが増えることは日本にとっても嬉しい限りです。

今回のバンコク視察では「インバウンド」を手がける広告代理店の方と打ち合わせを行いました。タイへ向かっていく「アウトバンド」は視察するという点で興味深いですが、タイでは「インバウンド」にも目を向けてみても良いかもしれません。

視察② カンボジア・プノンペン

目覚ましい発展を遂げている東南アジア諸国の中で後発とされるカンボジア。カンボジアといえばアンコールワット遺跡を訪れる日本人観光客は多く、首都プノンペンに立ち寄ることは少ないかもしれません。人口1,500万人という小さな国の首都ですが、観光地としても海外進出先としても魅力のある街であることを感じます。

かつては「東洋のパリ」と呼ばれフランスの植民地時代の名残のある建物や町並みが残り、王国の証であるカンボジア王宮やプノンペンの名前の由来となった寺院ワットプノンなどが街に点在しています。最近では欧米人が小さな古い路地裏の一角にオシャレなバーを10軒近くオープンするなど、新旧が入り混じるエキゾチックなエリアも誕生しています。プノンペンは1日街歩きするにはとても楽しい観光地です。

ビジネス面でもプノンペンでの日本企業の存在感は年々アップしいています。昨年、市内にオープンしたAEONはとにかく新しくて綺麗と地元の人たちからも評判は上々。人件費が比較的安価で外国資本が100%認められているカンボジアを拠点に、日本をはじめ中国や東南アジアでも発展している国々への事業展開をしている日本企業も少なくありません。

日本企業の進出に合わせてプノンペンでは日本人国際弁護士が企業顧問としてコンサルティングを行ったり、日本人経営による人材紹介会社が日本人の求める確かな人材を日系企業へ紹介しています。今回の視察でお会いした国際弁護士と人材紹介会社オーナーのお二人は、日系企業のカンボジア進出を縁の下で支える頼もしい存在でありながらなんとまだ20代。世間では「ゆとり世代」ですが、日本でも知名度の低いプノンペンでしっかり事業を確立し、今後の鮮明なビジョンを持っているのが印象的でした。自分の資本で起業できるカンボジア・プノンペンは野心のある方々の挑戦の場になるのではないでしょうか。

DSC_0695

DSC_0666

DSC_0752 (1)

DSC_0759