フィールド

インドネシア共和国

人口2億5千万人と赤道にまたがる1万以上もの島々を抱える国、インドネシア。目覚ましい経済発展とともに成長を続ける首都ジャカルタには電車や地下鉄が整備されるよりも先に巨大なショッピングモールが立ち並び、インドネシア人の旺盛な消費意欲を支えている。
日本食レストランが多く出店するレストランフロアは連日、ローカルで賑わっている。最近ではモール一極集中型から路面店や郊外にも人の流れやトレンドが広がりつつある。
スラバヤ、ジョグジャカルタ、バリなど地方都市へも日本企業の注目が集まる。

field_idn
首都 ジャカルタ 人口997万人(2013年、出所:中央統計局)
面積 1,910,931平方キロメートル(2013年、日本の5.1倍)
人口 2億4,882万人(2013年、出所:中央統計局)
言語 インドネシア語
宗教 イスラム教、ヒンドゥー教、キリスト教ほか

JETRO_banner_mini

カンボジア王国

世界でも有名な世界遺産アンコールワットの国、カンボジア王国。この国の魅力は、観光、買い物、食事だけでなく、カンボジア人の人柄とも言われる。
近年、目覚ましい発展を遂げている首都プノンペンでは、近代的なショッピングモールが登場し、地元の人々の生活のレベルやスタイルが急スピードで変化している。健康志向やクオリティのある商品へのニーズも高まりつつあり、まだ数少ない日本食店や日本の商品も今後の需要の伸びが期待される。
アンコールワットのあるシェムリアップ、美湾で人気のシアヌークビルなど観光都市の発展も進む。

field_kh
首都 プノンペン(人口:132万7,615人(2008年3月3日現在)
面積 181,035平方キロメートル(日本の約2分の1弱)
人口 1,340万人(2008年、出所:カンボジア計画省)
言語 クメール語(96.31%) ほかに少数民族言語(2.86%)、ベトナム語(0.54%)等
宗教 仏教(96.93%) ほかにイスラム教(1.92%)、キリスト教(0.37%)等

JETRO_banner_mini

タイ王国

東南アジアで訪日人口がもっとも多い国、タイ。首都バンコクには日本企業の駐在員やその家族、起業家など10万人が暮らすと言われている。
タイ日両方の需要が高い日本食や日本製品のマーケットは求められる質も規模もアジア有数。常に新しいものを求めるタイ人のニーズに応えるべく、日本企業も大小関わらず進出が続く。成熟した市場だからこそ、オリジナリティのある質の高いジャパンクオリティを持っていくにふさわしい場所といえる。
多彩な食、エンターテイメント、伝統文化を持ち、外国人にも柔軟なタイは訪れるだけでも楽しい。

filed_th
首都 バンコク(タイ語名:クルンテープ・マハナコーン)
人口825万人(2010年、国家統計局)
面積 513,115km2(日本の約1.4倍)
人口 6,446万人(2012年、出所:国家統計局)
言語 タイ語
宗教 人口の約95%が上座部仏教、その他イスラム教(4%)、キリスト教(0.6%)など

JETRO_banner_mini

台湾

飛行機で福岡から2時間半、東京から4時間。気軽に出かけられる台湾は親日国家としても知られる。
地下鉄、バスが整然と走り、国際空港や地方へ新幹線が開通している台北市はまるで日本の都市さながら。デパートや人気エリアではラーメン、焼き鳥、焼肉をはじめ和食店が賑わい、スーパーでは日本食材も手軽に手に入る。
気候は沖縄のように温暖で、日本人には住みやすさと馴染みやすさで人気が高い。
日本旅行を重ね、本物のジャパンクオリティを求める富裕層の台湾人に向けて、ハイエンドなブランドを進出させる土壌が整っている。

field_tw
国・地域 台湾(地域)
面積 36,192平方キロメートル(九州とほぼ同規模)
人口 2,337万人(2013年末、出所: 内政統計年報)
言語 中国語(公用語)、閩南語(台湾語)、客家語
宗教 仏教、道教、キリスト教

JETRO_banner_mini

ベトナム社会主義共和国

南北に長く伸びるベトナム。北のハノイは中国の影響を受けながら政治的中枢として栄え、南のホーチミンはフランス統治時代から西洋文化を旺盛に取り入れ商業都市として発展してきた。
人柄や都市の性格は異なる二大経済圏でも日本クオリティの存在感はそれぞれ高まっている。生活に欠かせない日本製家電への信頼は強く、日系のコンビニエンスストアや飲食店の進出が目覚ましい。特に、外資の投入や経済発展で生活レベルが底上げされたホーチミンでは好奇心旺盛で新しいもの好きのローカルの日本クオリティへのニーズも高まっている。

field_vt
首都 ハノイ 人口693万7,000人、ホーチミン人口781万8,000人(2013年)
面積 331,689平方キロメートル(日本の0.88倍)
人口 8,971万人(2013年、出所:ベトナム統計総局(GSO)
言語 ベトナム語、ほかに少数民族語
宗教 仏教(約80%)、そのほかにカトリック、カオダイ教、ホアハオ教など

JETRO_banner_mini

ミャンマー連邦共和国

ここ数年、日系企業が「アジア最後のフロンティア」とこぞってビジネスチャンスを求めてやってきたミャンマー。
2012年の民主化以来、首都ヤンゴンには携帯電話が普及し、ショッピングモールが登場して、ATMで預貯金を引き出せるようになった。街には日本車が溢れ、渋滞する「都市」へと変貌している。市内の日本食店の数は200を超え、進出企業の日本人駐在員や地元ミャンマー人へ日本の味を提供している。
増えつつある中間層の収入と生活スタイルの向上に合わせ、これからもこの国の市場拡大が見込まれる。

field_mm
首都 ネーピードー
面積 67万6,578平方キロメートル(日本の1.8倍)
人口 5,148万人(2015年5月29日発表、出所:ミャンマー入国管理・人口省暫定発表)
言語 ミャンマー語、シャン語、カレン語、英語
宗教 仏教(89.4%)、キリスト教(4.9%)、イスラム教(3.9%)
ヒンドゥー教(0.5%)など

JETRO_banner_mini

実 績

ページの先頭に戻る